conv0287.jpg
いつも当ブログにコメントを寄せていただきありがとうございます。 皆さんからのコメントに励まされたり、いろんな情報を頂いたりと、いつも感謝しながら読ませていただいています。 通常、コメントを頂いた方には、コメント欄にて、コメントのお返しをさせていただいていたのですが、これからは、ブログをお持ちの方には、個別に訪問&応援をさせていただき、ブログをお持ちでない方、またはURLが不明な方は、今まで通り、コメント欄にてお返しさせていただきます。 これからもカズ&ココファミリーをよろしくお願いします。 たくさんのコメントお待ちしています。
★当ブログは日本ブログ村のトイプードルランキングに参加しています。
下
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村

2009年06月21日

ココの妊娠&出産

朝から雨が降ったり止んだりの天気でお散歩にも行けず暇しているココファミリーですバッド(下向き矢印)今日はブログを始めたら絶対に書きたいと思っていたことを記事にしたいと思います。

それはココの膝蓋骨脱臼症の手術、妊娠と出産のことです。
ココを家族に迎えてから1年、トイプードルの可愛さにメロメロ顔(メロメロ)になってしまった私はココの赤ちゃんに会いたくて、いつもココたちがお世話になっているトリミングサロンの店長さんに相談してココの2回目のヒートがきたら店長さんの知り合いのブリーダーさんに交配をしてもらう計画をたてていました。
まずは膝蓋骨脱臼症のことです。
2007年12月15日、ココに異変がおきました。お散歩やお庭で遊んでいる時、抱っこしようと抱えた時に「キャキャ−ン」悲鳴のような鳴き声を出すようになったのです犬(泣)でもそれも一瞬でまた普通に歩いたり遊んだりしていました。数日間、様子をみていましたがその症状は治らずかかりつけの動物病院にいき診てもらいました。診断結果は「膝蓋骨脱臼症」レベル2〜3の間、ということでした。私は聞きなれない言葉だったけれど、「手術しなければ治らない」と言うお医者さんの言葉にすごいショックを受け目の前が真っ暗になり立っていられなくて横にあったイスに座り込んでしまいました。まだまだ若いココがこれからの人生(犬生)、一生痛い思いをしながら生きていくなんてあまりにも残酷で、すぐに手術を決めました。12月26日に手術、30日に退院。ココの場合、両後ろ足の手術でした。家に帰ってきてからもすぐは歩けずトイレに行くのにもビッコひいていて・・・今でもあの姿を思い出すと胸が張り裂けそうになりますもうやだ〜(悲しい顔)
数週間たつとすっかり元気になって、お散歩にも走って行けるようになりました。そして2008年2月、ココの2回目のヒートがきました。

conv0028.jpg

その頃のココです。まだこんなに毛色が濃かったんですねーexclamation
数ヶ月前に膝蓋骨脱臼症の手術をしたばかりだったけれど、獣医さんに相談したら「問題ないでしょうグッド(上向き矢印)」とのことだったので2月18日に1回目、20日に2回目の交配をしました。お相手は濃いレッドで2キロ、ココより小ぶりの男の子でした。交配から40日、診察してもらったところ確実に妊娠していて、はっきりとした頭数は分からないが5頭はいそうとのことでしたClapココの場合、つわりなどの症状がなかったので、妊娠は出来ていないのかと心配していたので妊娠していると聞いてすごくうれしかったなぁるんるんしかも5頭exclamation×2可愛い可愛いトイプーの赤ちゃんが5頭も生まれてくるなんてグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
でも、ココの体で5頭もの赤ちゃんを・・・と考えると少し不安でした。
交配から60日、診察。レントゲンの検査。5頭だと言われていたのが3頭に。今、ココのお腹にいる3頭以外は成長できなくて子宮に吸収されたのだろうとのことでした。赤ちゃんの大きさココの骨盤の広さ、共に問題なく自然分娩で問題なしGood
交配から65日、ココの出産が始まりました。
2008年4月21日、午前中からココの落ち着きがなく部屋中をウロウロ犬(足)おしっこも出ないのに何回も何回も行って、絶対にトイレの粗相をすることがなかったココがポトッと数滴、おしっこをリビングに垂らしたりもしました。
ダンボールで産箱を作って用意しておいたのに結局、それは使わずココ自身がいつも使っていたベットに入ったので、それにいらなくなった布団を敷きそこが産箱になったのです。夜の10時ごろからそこに入ったまま出てこなくなり、私は隣の部屋にいたのですが、あんまり覗いてココの気が散ってもいけないと思いなるべく静かにテレビを見ていました.私もすごい緊張していたのに少しウトウトしてしまって気がつくと隣の部屋からなにやらクチャクチャと何か食べているような音がしてそっと見てみたらすでに1番目(ソナタ)が産まれていて、胎盤を食べたらしく口の周りが緑色に汚れていましたあせあせ(飛び散る汗)私がそばに寄っても一心不乱に処理を続けていたので最初は隣の部屋にいた私ですがココの出産を間近で見守ることにしました。臍の緒を食いちぎり赤ちゃんが包まっている膜を器用に破りココが体をなめてきれいにし始めたのですが、なにか変な感じがしてよくみてみると全く動いてないし、何はさておき産声を上げてないのです。私もちょっと動揺しましたが、病院で数頭産まれるうちの何頭かはそういうこともあると聞いていたし、その場合の対処方も教えてもらっていたのでどうにか助けることが出来ました。無事、1頭目の処置が終わりココのおっぱいを飲み始めたと思ったら2頭目の出産が始まり、ココが数回いきむとスルっと出てきました。この子が残念ながら死産になってしまいました。出てきたと同時にココの処理が始まったので見守っていると、妙に色が白っぽくてお腹がぺっちゃんこ、すでにお腹の中で亡くなっていたようですもうやだ〜(悲しい顔)2頭目の子が出てから約10分後、
3頭目、ワルツの誕生です。ワルツは最初から元気に動きよく鳴いてココのおっぱいも音をたてて飲んでいました。
conv0022.jpg
出産直後です。ココ、お疲れ様Clap

conv0027.jpg


生後3週間のころです。この頃からソナタとワルツの大きさの差がはっきりしてきました。

conv0026.jpg

conv0021.jpg

生後2ヶ月。毛もだいぶ伸びてかわいくなりました揺れるハート
左がワルツで右がソナタです。あれから1年と2ヶ月、病気もせず元気に成長しました。
今日は長くなりましたが、最後までお付き合いありがとうございましたアリガト

ニックネーム カズ at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1766526

この記事へのトラックバック